「飲食」をほっとけ堂で行っている小田義和さんの話

どんな仕事をしているのか

この「ほっとけ堂」は、開店7年になる和洋居酒屋です。この店で、調理補助とホールを担当しています。簡単な惣菜や盛合せのサイドメニューは、調理補助を担当している私の仕事です。調理補助の仕事が少ない時はホールに出てお客様の接待をしりホールにもいない時は店の近くで客寄せのビラを配ることもしています。

 

小田義和がこの仕事にこだわる理由

人と触れ合うことが好きなのです。いろいろな人の話をきいて自分の考えの幅が広がります。飲食の仕事にこだわっているは、お客様の直の話を聞けるのは飲食の仕事が一番いいからだと思っています。接客の仕事をしていると直接お客様と話せる機会が多くあります。その度に自分のちしきが増えるのは良いことだと思えます。自分が経験したことのない話を聞く事は、自分が体験する事もないことが多いので多くの知識が増えることに感動出来ます。

 

この仕事の魅力と楽しさとは?

この仕事の魅力は、自分が体験できないことの話を聞くことができる上に、どういう料理が多くのお客様の口に合うかが分かるのです。年代別、性別など多くの分類に分けることが出来ます。お客様が飲まれる物に対して料理をしたりするので料理に合う、合わないがはっきり分かります。             

 

この企業の求人紹介

当社の魅力はここ!

ほっとけ堂は、キャパが広くないお店です。ギュウギュウーなお店の中で多くの話を聞けるのが一番の魅力だと思います。

 

皆さんにはこんな仕事をしていただきます。

して頂く仕事は、ホールスタッフと担当して頂きます。