「飲食」を㈱システムフードで行っている西中昌枝さんの話

どんな仕事をしているのか

私は、ここで調理補助の仕事をしています。調理補助という仕事は、お弁当を作っている過程で最終的な惣菜の詰め合わせなどをしています。1人でするのではなくて、複数人で同じ作業をしていきます。

 

西中昌枝がこの仕事にこだわる理由

飲食の仕事をして、自分の私生活の料理を勉強しています。私は昔から基本的に料理をしていなかった人間なので自分の子どもや夫にまともな食事を作ることが出来ませんでした。この会社で働くようになってから料理をすることを覚えてどの野菜を買えば何に使えるのかを勉強しています。お弁当のおかずを作るときもこれは大変役だっています。私はこの仕事を通して料理に興味がわき休みの日には料理教室にも通うようになりました。

 

この仕事の魅力と楽しさとは?

この仕事の楽しさとは、食材の活かし方にあると私は思っています。1つの食材を余すところ無く使用する術はこの会社に就職していなかったら一生涯分からなかったかも知れません。会社経営で食材を少しでも残すということはそれだけ会社の利益を削るということになるので会社は食材を余すところ無くしようします。その徹底さは本当に驚愕に値します。

 

この企業の求人紹介

当社の魅力はここ!

弊社は、月に1度全従業員から会社における気づきを書いて教えて頂いています。従業員の言葉を聞いて改善できるところはしているのです。そういう取り組みをしています。